差別化受注模型セット

住宅模型だって、差別化になる

 

「失注だけはなんとか避けたい」
これは、工務店の経営者なら、誰もが抱く想いでしょう。

しかし、失注を避けるためだけに、
「禁じ手」である、不本意な値引きを行っていては、ますます、自分の首を絞めてしまいます。

そうです。
不本意な値引きは、絶対に行ってはならない「禁じ手」です。

当たり前のことですが、これを続れば、会社の歯車はドンドンドンドン狂っていきます。

「そんなことを言っても、値引きをしなければ、受注を逃してしまう

 

いいえ。そうではありません。

受注を取るために、やるべきことがまだ残っています。

それは、
誰もが知っている、住宅模型。

この住宅模型を、見込み客のプレゼンテーションに使ってみましょう。

おそらく、多くの工務店経営者は、「住宅模型を見込み客に使う?
お前、住宅模型が一体、いくらかかるのか知ってるのか?」

とお怒りでしょう。

確かに、住宅模型は結構な値段がします。
デザイン会社に依頼すれば、一棟あたり、安くても1~2万円、高ければ、5~6万円ぐらいはかかるでしょう。
そんなものを、家を建ててくれるかどうかもまだわからない、見込み客のプレゼンテーションに使うなど、言語道断!

そう、お考えなのだと思います。

 

IMG_31591

しかし、

しかし、です。

あなたの感情は、とりあえず横において、
もし、あなたが、家のことはずぶの素人で、これから家を建ててくれる工務店を探しているとしたら、どうでしょうか?

他社が、平面図と立面図だけで、設計プランを立てる中、
たった一つの会社だけは、平面図と立面図はもちろんのこと、「住宅模型」までも提出してくれた・・・・としたら、どうでしょうか?

「あぁ・・・ここって、意外に狭いんだね」
「我が家の外観って、こんなふうなんだ」
「この場所で、車は入れやすいかな?」

などなど、一気に夢が現実的になる気がしませんか?

そして・・・・・
どの会社が一番、親身に家を建ててくれるのだろう?

そう考えたとき、家造りに素人のあなたは、どの会社を選ぶでしょうか?

そもそも、多くの工務店が見込み客に「模型」は一切!提出していません。
これは、お客様が求めていないから・・・ではありませんよね?
一度でも、「模型」を提出してみれば、おわかりになるかと思いますが、
『模型によるプレゼンテーション』は、お客様には大好評なのです。

にもかかわらず、どの工務店も「やろうともしない」

なぜでしょうか?

そうです。
その、行く手を阻んでいるものは、たったの二つ。

住宅模型にかかるコスト

住宅模型の作成の難しさ

この二つなのです。

つまり、この二つさえ、克服できれば、
お客様が大喜びする「模型でのプレゼンテーション」は実現可能・・ということになります。

しかも、
この「模型でのプレゼンテーション」を他社に先駆けて、あなたの会社が行ったとしたら?

そう・・・
どの工務店も行っていない状況下においては、

たったこれだけでも、「立派な他社との差別化」になるのです。

では、どうやって、
コストと作成の難しさを克服するのでしょうか?

簡単な話です。
あなたが、やるべきことはたったの二つ。

住宅模型への意識を変える

住宅模型の使い方を変える

これだけなんです。

たった、これだけで、あなただって「売れる工務店」への道を歩み始めるかもしれないのです。

やってみる価値はあるとは思いませんか?

しかし、できないと思い込んでいるものを、どうやって実現可能にするのか?

それが、私達が開発した「差別化受注模型セット」です。

「差別化受注模型セット」の内容

1、差別化受注模型の使い方レポート

まずは今までの「模型」に対する意識を180度転換させます。
なぜ?「模型」が必要なのか?そのメリットは?受注というベルトコンベアーに乗せるにはどう利用すればよいのか?を詳しく説明しています。

2、差別化受注模型の作り方レポート

模型の使い方が理解できて、初めて、模型の作り方の実践編にうつります。
ど素人でも、簡単に作れ、しかも一棟あたりのコストは300円以下でできるようにしてあります。

 

mokeibotan

※このレポートは、地域工務店のための受注必勝マニュアル「売れる工務店への道」にも、含まれております。

 

ホームへ戻る

Copyright© 2018 差別化受注模型セット. All rights reserved.