デジタル時代のニュースレター戦略

デジタル時代のニュースレター戦略

メインサイトへ戻る

はじめまして。
工務店経営研究所(旧:売れる工務店サポート実践会)です。
工務店経営研究所は、「工務店」の経営と営業をサポートして10年以上になります。

当初、工務店経営研究所は「訪問営業」「電話営業」を一切なくし代わりにニュースレターを活用した新しい営業方法を提案してきました。
これまでにコンサルティングを行った工務店数は延べ2000社ほどになります。

 

工務店経営研究所とは

 

ここで、ちょっと、私達をご存じない方のために、

工務店経営研究所のご紹介をしておきます。

 

工務店経営研究所は、住宅営業コンサルタントの志賀功宗(ペンネーム:清水浩次とリフォーム専門コンサルタントの後藤さゆりの2人が共同代表として運営しています。

※前身は工務店サポート実践会です。

 

住宅営業コンサルタントの清水浩次は、通常営業マンの3倍以上の棟数を小さな地元工務店で受注。
「訪問営業」「電話営業」を一切しないで、坪単価60万円以上の注文住宅ばかりを年間5億円以上受注した実績を持ちます。

また、リフォーム専門コンサルタントの後藤さゆりは、自らもリフォーム会社を経営しており、クレーム産業といわれるリフォーム業界において紹介率89%、リピート率82%という驚異の数字をたたき出しました。
その実績が注目され、新建ハウジング誌で「行列のできる工務店」としても取材を受けました。

 

そして、私達の活動は、すでに14年目に入っています。

もちろん、ニュースレターの実績も半端なものではありません。

そこで、まずはじめに、工務店経営研究所のニュースレターを取り入れた工務店さんの感想をご覧ください。

 

orei

この会社は、モデルハウスなしでも、2017年6月現在、24件の相談を抱えて、超!多忙でいらっしゃいます。

CCF20080211_000032
img1872
img2101
img2221
img2471
img2531
img2131
img2141
img2151
CCF20080212_000001
CCF20080211_000041
img1861

 

 工務店経営研究所が提案するニュースレターは、どこが違うのか

 

私達は実際に、ニュースレターを活用して新築を、そして、リフォーム工事を受注してきました。

だから、私達は、
ニュースレターで、
「やらなくてはいけないこと」 と 「やってはいけないこと」
をしっかりとわかっています。

たとえば、

お客様の立場からすれば、むやみやたらに枚数のあるニュースレターは迷惑です。

地元工務店を選ぶお客様は、絶対的なブランド力と、組織力を持つ大手住宅メーカーがありながら、わざわざ地元工務店に依頼をするのです。

その「お客心」を知っていること。

これが、私達のニュースレターです。



さらに、お客様の信頼は何から始まるのか?

実際の体験から、私達はそれをきちんと理解しています。

 

では、一体、どんなニュースレターなのか?

工務店経営研究所の「ニュースレター会員システム」の内容を詳しくご説明いたしましょう。

 

営業の現場最前線から生まれたニュースレター

「ニュースレター会員システム」の内容

1、ニュースレターひな型サンプル版「アットホームデザイン」

2、ニュースレターひな型サンプル版「シンプルデザイン」

3、ニュースレターひな型そのまんま版「アットホームデザイン」

4、ニュースレターひな型そのまんま版「シンプルデザイン」

5、ニュースレター手書きデザイン枠集(初回のみ)

6、テクニカルメールサポート

7、個別LINE相談が回数無制限・オンライン相談・全国会の「情報交換会」への参加

8、新しい時代の工務店に変わっていくためのヒントとなる会員専用ニュースレター

9、他のサポートサービスを会員特別価格にて提供

10、効果を上げるための「ニュースレターの使い方」レポート(初回のみ)

 

1、ニュースレターひな型サンプル版「アットホームデザイン」

news1

2、ニュースレターひな型サンプル版「シンプルデザイン」

news2

 

使い方は簡単
1、右側の共通記事(黒い文字部分)はそのまま使います。
2、左側のサンプル記事(赤い文字部分)を参考にして、自由に御社の記事を作成してください。
3、タイトルと連絡先を変更します。
※デザインは参考画像です。ニュースレターひな型のデザインは定期的に変更されます

3、ニュースレターひな型そのまんま版「アットホームデザイン」

news3

4、ニュースレターひな型そのまんま版「シンプルデザイン」

工務店ニュースレター

使い方はいたって簡単。

1、タイトルと連絡先を変えるだけ。
※デザインは参考画像です。ニュースレターひな型のデザインは定期的に変更されます

※共通記事は、私達自身が現場で実際に得た経験を元に、お客様目線から書いています。

 

多くの企業が、外注のライターを雇う中、なぜ、今になっても、自分達で記事を書き続けるのか?

それは、家造りや現場の経験のあるなしは、見えなくても、行間に現れてくるからです。

 

5、ニュースレター手書きデザイン枠集

手書きというのは、それだけでお客様の目を引く価値があるものです。

こうした、手書き枠の素材集を初回にお渡し致します。

手書き枠を使って、ニュースレターだけでなく、ニュースレターに同封するセールスレターにも利用されると、効果的です。

 

waku

6、テクニカルメールサポート

ワードやパソコンは苦手・・・と言う方のために、メールでテクニカルサポートを行っています。
わからないまま、作業を続けるのは、時間の無駄にもなります。
できるだけわかりやすい画像を添付して、テクニカルメールサポートを実施しております。

teku

7、個別LINE相談・オンライン相談・全国会の「情報交換会」への参加

経営者とは孤独なものです。
なかなか身近に適切な相談相手がいません。
そういったとき、常に客観的な立場を保ちながらも、会社の将来の方向性や営業の現場で起きる大小さまざまな悩みを相談できる人間がそばにいたらどうでしょうか?

この、LINE相談は、いつでもOKです。

※LINE相談から、オンライン相談を行うことも可能です。(ただし、日程の調整が必要です)

※もちろん、全国会の情報交換会にも無条件でご参加いただけます。

8、時代を超える工務店に。そのヒントとなる会員専用ニュースレター

時には、モチベーションアップのため、時には、成功事例の共有のため、時には具体的な実践の仕方等々、工務店経営者にとって必要な様々な視点を、「ニュースレター」にしてお届けします。
このニュースレターは会員専用のものです。

2007y12m06d_1444114061

9、他のサポートサービスを会員特別価格にて提供

工務店経営研究所では、「ニュースレター会員システム」だけでなく、様々なサポートを実施しておりますが、それらのサポート価格が特別価格にてご利用いただけます。

サポートの概要はコチラをご覧下さい。

10、効果を上げるための「ニュースレターの使い方」レポート

今の時代ならではの、ニュースレターの位置というものもありますが、

それでもなお、基本となる「ニュースレターの使い方」は押さえておく必要があります。

ニュースレターが結果をもたらすのではありません。
ニュースレターの使い方次第で、結果が変わるのです。

tukau

 

さて。

これだけのニュースレター会員システムを、通常なら毎月、いくらで受けることができるでしょうか?

単なるニュースレターひな型の提供だけでも、毎月2万円や3万円も必要な会社もあります。

また、個別相談を行う場合は、1ヶ月3万円というのが、コンサル業界の相場です。

最近では、ニュースレターの印刷、発送まですべて請け負ってくれるので、工務店経営者はラクできる

そんなタイプの会社もあるようです。

 

が。

私たちには、わかっていること、見えていることがあります。

それは、ニュースレターは、工務店経営者が真剣に取り組んでこそ、効果は大きいのです。

だからこそ!

  • ニュースレターひな形の提供だけにとどまらず、
  • LINEの個別相談~オンライン相談
  • 全国会の情報交換会の開催などなど、

でき得る限りのサービスを会費に含めているのです。

実際、これらをざっと計算しただけでも、1ヶ月あたり、最低でも10万円~22万円の価値はあるでしょう。

しかし、です。
私達は、地域の家造りは地元の工務店がするべきだと考えています。
そして、地元工務店さんになんとか頑張っていただきたいと思っています。

ですから、
ニュースレター会員システムは、毎月のニュースレターひな型データはもちろんのこと、それを生かすための徹底した個別相談までのすべてを、

9000円/月(税込み)で、お引き受けします。

この9000円という価格は、30000円程度のゴソゴソ工事を1件受注すれば、もとが取れてしまう価格です。

1年間ニュースレターを出し続けて、仮に100万円程度のリフォーム工事が1件しか受注できなかったとしても、

十分に元は取れる計算です。

※リフォーム工事の利益30万円に対して、ニュースレター会員の年間にかかる費用は10万円程度なので、差し引き20万円以上残ります。

これが、2000万円の新築だったら利益が500万円とすると、480万円以上が残ります。
このことから考えれば、9000円/月(税込み)という価格は非常に安すぎますが、

先ほどもお話したように、私たちは、地元工務店さんに頑張って欲しいと願っています。

ですから、このような価格で応援させて頂いているのです。

 

ニュースレター会員システム・通常コースのお申込

 

会社名 (必須)

担当者名 (必須)

郵便番号(必須)(ハイフンなしで入力下さい)

ご住所 (必須)

電話番号(必須)

ファックス番号(必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス再入力(必須)

営業エリア

コース選択
 通常コース・年間支払い(年間一括96000円(税込み) 通常コース・毎月支払い(9000円(税込み)

※直近の号からお送り致します

備考

 

<お知らせ>

※通常コースの他に、年間コースとおまかせコースがございます。

1、通常コースの「年間契約」
※たくさんの方からご要望をいただきました。
「年間契約」の場合は、年間96000円(税込み)という特別価格でご提供させていただきます。

2、完全おまかせコース

通常コースを1年以上、継続された会社に限ります。

 

なお、ご希望の地域の世帯数が10万世帯を超える場合には、同一エリアであっても複数の方のお申し込みを受け付けることがあります。

ニュースレターひな型のデータは、ダウンロードURLを、毎月25日に、翌月号をメール・郵便にて発送いたします。

  • 年間契約、自動引き落としの方:メールにてURLをお知らせします。
  • 代引きの方:代引きにてお送りします。(25日が土日祝日の場合は、前営業日)

必須ソフトは、ワードです。

メインサイトへ戻る

Copyright© 2021 デジタル時代のニュースレター戦略. All rights reserved.