ニュースレター6月号を発送しました

ニュースレターとホームページから受注するには?

工務店経営研究所は、2006年に工務店サポート実践会として生まれ、2016年に現在の工務店経営研究所に名前を変更し、現在に至ります。

つまり、2024年現在で18年もの間、様々な地元の工務店さんとお付き合いしてきたことになります。そんな中で、最近、特に推奨させて頂いているのが「成果の出るニュースレターと成果を出すホームページを連動させ、1+1を3にも4にもしよう!」という点です。

「ニュースレターなんて、やったけどダメだった。」「ホームページも、ただ存在しているだけだ。」と心の底で思っている工務店経営者さんにこそ、もう一度チャレンジしていただきたいものです。

成果の出るニュースレター

ニュースレターの使い方やポイントはもちろんのこと、wordでの編集の仕方についても記事にしています。

成果を出すホームページ

ホームページで成果を出すために必要な知識、その使い方、作り方、考え方まで記事にしています。

私たちは工務店サポートの「セリアさん」を目指します

高価なものだけに価値があるのではありません

日本には、いくつかの100円ショップが存在しますが、この不景気時に100円均一を続けているのは、「セリアさん」だけです。

セリアさんの企業理念は、「心もお店もクリーンであること」「あらゆることに感謝の気持ちを持つこと」「喜びと責任と情報を共有すること」なだけあって、お店には、役立つ商品が所狭しと並んでおり、その理念によって、私たち消費者に大きな価値を提供してくれています。

だからこそ、私たちは、規模こそ違えど、同じポリシーを持って、地元の工務店さんとつきあいたいと願っています。

相変わらず、工務店関連の商品は、「費用対効果」という言葉を隠れ蓑に、高額な費用をもぎ取るところが少なくありません。

が、決して忘れないでください。その高額な費用は、お施主様の建築費から出ていることを。

だからこそ、私たちは「費用は高額だけれど、十分元は取れる」ではなく、「費用はたったこれだけですから、その分、お施主様の建築費用に還元してあげてください」と言いたいと思います。

知識を共有しましょう