ニュースレター5月号を準備中です。LINEやSNSと連動させると面白いです。

チラシ等の広告測定をしていますか?

GA4(アナリティクス)

一口にチラシと言っても、使う媒体はいろいろあります。

  • チラシ
  • 新聞広告
  • フリーペーパー広告
  • ニュースレター

など。

この時、ほとんどの工務店さんが、上記の広告内にQRコードを貼りつけるはずです。

その理由は言うまでもなく、

  1. 問い合わせをしてきて欲しい
  2. 自社のホームページを見てファンになってほしい

という2つの目的のためです。

ところが、現実には1番の「問い合わせをしてきた人だけを把握している」なんてこと、やっていませんか?

チラシの効果は、問い合わせだけにあらず

もちろん、今までは、チラシの効果=問い合わせの数でしか判断できませんでした。

そのため、多くの工務店経営者やコンサルタントが指標としていたのが、「一般的な折込チラシの反響率は、0.01~0.3%」という統計的な数字です。

つまり、自社のチラシの反響率と、その一般的な数字を比べて、反響率が良ければ喜び(?)、悪ければチラシの内容をいじりまくる・・・ということをやってきたわけです。

が、先ほどもお話ししたように、チラシの効果は問い合わせだけではありません。

実際、家を建てたり、リフォームするような人たちが、たった1枚のチラシを見て、「この工務店に依頼しよう」!などと決断するわけがありません。

商品が高額だからこそ、工務店のホームページ情報は、必ずチェックしまくるのが普通です。

つまり。

たとえ問い合わせはしてくれなくとも、チラシからホームページへ飛んだ人が幾人かでもいるのであれば、それもチラシ効果として測定すべきです。

それぞれの媒体の効果を測定するには?

では、どうやって、それぞれの媒体の効果測定をするのか?

古い感覚の経営者にとっては、ホームページのアクセスなんて、単に数字だけだろう?と思っていらっしゃるかもしれません。

が、技術の進歩はめざましく、おかげで今は、どのアナログ媒体から、ホームページにアクセスしたのか?が、ちゃんとわかる時代です。

DMからtest1というキャンペーンで来た

しかも、その方法は、実に簡単です。

それぞれの媒体で使うQRコードを変えるだけで良いのです。

唯一、気を付けなければならないのは、違う媒体で同じQRコードを使いまわさない事だけです。

たった、これだけのことで、

ホームページに来た人が、

  • どの媒体から来たのか?
  • キャンペーンで来たのか?

といったことを、確認することができます。

※上記の画像では、DMからtest1というキャンペーンで来たことがわかります。

もちろん、確認するためには、GA4が導入されていなければなりませんが、媒体ごとのQRコードを作るのは簡単です。(どちらも無料)

具体的な方法について、もし、知りたい場合にはLINEで連絡してください。

まとめ

工務店経営において、アナログなチラシの効果測定はとても重要です。

正直な話、それだけのためにGA4を導入しても良いのではないでしょうか?

何度も言いますが、GA4は無料で使えます。

QRコードも無料で作成できます。

足りないのは、ご自身の知識とスキルだけなら、ぜひ、チャレンジしてみて欲しいと思います。

やってみれば簡単です。

GA4の導入がまだなら、そこから始めましょう。

以前は、金を払って外注に任せられることは任せる!それが経営者というものだ!という考え方がありましたが、小さな地元の工務店の場合、チラシ一つとっても、決定権があるのは工務店経営者です。それを思ったら、他人任せにしてはいけないと思います。

なお、具体的なやり方については、NL会員様専用ページに掲載しております。

コメント