ニュースレター5月号を準備中です。LINEやSNSと連動させると面白いです。

工務店のニュースレター効果は今すぐ調べましょう

かっこいいニュースレターを使わない理由 NLマニュアル

工務店が毎月発行しているニュースレターの効果はあるのだろうか?と疑問に思っていますか?
それならば、今すぐGA4を使って、調べてください。

昔、私たちがニュースレターひな形を始めた時には、工務店ニュースレターの効果は感覚的なものでしたが、今はハッキリと数字でその効果を確認することができます。

実際、私たちが工務店ニュースレターのひな形によるサポートを始めた頃には、多くの工務店さんから、
「〇〇の見積もり依頼が来た」
「受注が取れた」
「ニュースレターを握りしめて、見学会に来る人がいる」

などのアンケート回答を頂きましたので、
やっぱり、工務店のニュースレター発行は効果があるのだ!と満面笑みで、その声をホームページ上に掲載しておりました。

が。

実は、これには続きがあるのです。

そもそも。
今まで何もしていなかった工務店さんが、初めてニュースレターに取り組めば、なんらかの成果が出るのは当たり前の話です。

なのに、鬼の首を取ったかのように、成果が出る!と言っていた自分たちが恥ずかしく、今は一切、そんな「声」は掲載しておりません。
なぜなら、ニュースレターを始めて1年目は良いですが、2~3年目からは、多くの工務店さんが「モヤモヤ」し始めることを私たちは経験上、知っているからです。

おそらく、多くの工務店さんがこう感じています。
取り組んだ当初は、あんなに効果があったのに、最近は、効果があるのか?どうか?もわからない・・・と。

ニュースレターは止めたらどうなるのか?

ちなみに、当時はその「モヤモヤ」に突き動かされ、ニュースレターを止めてしまう工務店さんも少なくありませんでした。
でも、それもまた、私たちの経験となりました。
というのも、ニュースレターを止めたら、どうなるのか?を追求することができたからです。

まず、ニュースレターを止めて1年ぐらいは、ニュースレターを出している時と、たいして変化はありませんでした。
そのため「なぁ~んだ。ニュースレターなんてメンドクサイもの出さなくても良かったじゃん」と思うようになります。

ところが、ニュースレターを止めたツケ2~3年ほど後に回ってきます。
目に見えて、受注や引き合いが、どんどん減り始めてくるのです。

こうした経験から、やっぱり、そして、確実に!断言できます。
直接、目には見えないけれど「工務店が発行するニュースレターの効果」はちゃんとある!と。

ニュースレターは効果がある!という証拠をつかもう

とは言え、目に見えないものを頑張るのは大変です。
そこで、おすすめしたいのが、ニュースレターの効果を、ちゃんと自分の目で確かめる!ことです。
18年前にはできませんでしたが、今なら!簡単に確かめることができます。

そもそも、「工務店のニュースレターには効果があります!」と私たちがどれだけ叫んだところで、そんなものは絵に描いた餅でしかありません。

だからこそ、私たちの言葉を鵜呑みにせず、ぜひ!目の前のデータを確認していただきたいと思います。

どんなニュースレターが効果的か?を調べよう

ニュースレター自体の効果を実感できたら、次にやることは決まっています。

どんなニュースレターが、工務店にとって、より効果的なのか?を調べましょう。

工務店のニュースレターはスーパーのお買い得セールではない

まず、ついつい勘違いしてしまいがちなことを最初に取り上げます。

よくスーパーなどでは、1パック〇〇円のところ、4パックで△△円!という商品が出されますよね?

確かに、1パックで買うより、4パックで買う方が、お買い得に見えるため、ついつい買ってしまう方も少なくないでしょう。
が、どれだけ安く買えたとしても冷蔵庫内で腐らせてしまったら、なんの意味もありません。
そこで、腐らせてはならない!と多くの人におすそ分けをしようと考えます。

この「おすそ分け」こそが、工務店のニュースレターなのだと考えてみてください。

実際、お買い得だからと山ほど買ったたくさんの食品を、おすそ分けされる側は大変です。
もちろん、おすそ分け自体は、嬉しいんです。
が、問題は「量」の方です。
多すぎるおすそ分けは、ありがた迷惑になりかねません。

つまり、こういうことです。
おすそ分け(=工務店のニュースレター)の一番のポイントは、美味しいものを適量だけ送る、これが常に喜ばれる秘訣です。

かっこいいニュースレターが欲しいのは、あなた自身

もう一つ、勘違いしがちなことがあります。

それが、オリジナルなかっこいいニュースレターが欲しい!と思う気持ちです。

ですが、それを欲しているのは、工務店経営者自身なのです。
実を言えば、私たちにだって作れます。
たとえば、こんなニュースレター。

私たちが提供しているニュースレターとは雲泥の差のデザインでしょう?
そう、私たちだって、ちゃんとこういうデザインのニュースレターは作れるんです。
なのに、私たちはこういうニュースレターを提供していません。
何故でしょうか?

あのニュースレターを使う理由

実は、あのニュースレターを使っているのには、ちゃんとした理由があるのです。

それは、

工務店のニュースレターは、工務店さんの先にいる「お客様」のことまで考慮しなければならないからです。

確かに、私たちの直接のお客様は、工務店さん自身です。
ですから、工務店経営者さんが求めがちな
「かっこいいニュースレター」
「枚数がたくさんあるニュースレター」
を表にバーンと出した方が、間違いなく売れ行きは良くなります。

が、それでは、地元工務店のニュースレターは効果を発揮し続けられません。
ここが、工務店のニュースレターのとても難しいところです。
たとえば、単価の低い物を売るのであれば、そこまで考える必要はありません。
が、こと家づくりやリフォームとなれば、話は別です。

なぜなら、お客様が求めているのは、信頼できる工務店だからです。

つまり、信頼できる・・・ここを、徹底的に追及するニュースレターこそが、継続的に効果を発揮できるのです。
そういう意味で、私たちが提供している工務店ニュースレターひな形は、基本から外れています。
というのも、商品というのは、通常「簡単!」「便利!」「早い!」の3拍子揃っているものの方が断然!売りやすいからです。

なのに、敢えて、多少でも良いから、書ける時だけでも良いから、ニュースレターに携わってくださいと、私たちはお願いしています。

この気持ち。
家づくりを本気で、お施主様のために考えている地元の工務店さんなら、理解できるはずです。
家づくりにおいて、「簡単!」「便利!」「早い!」を売りにしていては、地元工務店の存在意義はないはずですから。

結局、しっかりと結果を出していくためには、泥臭く頑張るしかないわけで、そうやって二人三脚でやってきたのが、私たちの工務店ニュースレターです。
指折り数えてみれば、2024年現在で18年間もの間、続けることができています。

まとめ

18年前に、私たちが工務店のニュースレターひな形を提供し始めた頃には、効果を確実に確認できるものがありませんでした。

ですが、今の時代は違います。
無料のツールだけで、簡単にその効果を実感することができるのです。

その結果、もしかしたら、思ったほどの効果は出ていないかもしれません。
が、それを怖がって、何もアナウンスしなければ、工務店さんは永遠に悩み続けながら、あっちのツール、こっちのツールと手を出していくことになります。
そうした無駄な時間を費やすことなく、ぜひ、結果の出る、正しい方向で頑張っていただきたいと思います。

コメント