ニュースレター6月号を発送しました

工務店のニュースレターの印刷、発送の仕方

印刷、発送の仕方

ニュースレターの原稿ができたら、印刷して発送しますが、注意しておきたい点について解説します。

ニュースレターを印刷する

ニュースレターを印刷するのは、特に難しいことはありませんが、工務店経営研究所の過去のニュースレターはモノクロで作成していました。

これは、その当時はカラーよりもモノクロの方がインパクトがある!という理由から敢えて行っていたものです。

しかし現在は、工務店経営研究所のニュースレターはカラーで作成しています。

これは、最近のお客様の好みは千差万別であるため、ニュースレターをカラーにするか?モノクロにするか?は、各工務店さんで判断していただけるようにするためです。

ニュースレター全体をモノクロで印刷する

ニュースレターをモノクロで印刷する場合には、プリンターの設定をモノクロ(白黒)に変えるのが一番、簡単です。

いうまでもありませんが、この方法の場合、ニュースレター全体がモノクロになります。

ニュースレターの一部だけをモノクロで印刷する

工務店経営研究所のニュースレターでは、

  • シンプル版の枠・・・>モノクロ
  • アットホーム版の枠・・・>カラー
  • イラスト・・・>カラー

に設定されています。

ただ、工務店さんによっては、アットホーム版の枠やイラストもモノクロにしたい場合があると思います。

そういう場合には、wordの編集によって変えたい部分だけをモノクロにすることができます。

工務店のニュースレター一部のみ色を変える

最初に色を変えたい部分を選択します。

その後、wordのツールバーの「図の書式」→「色」→「色の変更」でモノクロににすることができます。

ニュースレターの発送の仕方

工務店経営研究所のニュースレターはA4版2枚分(もしくはA3版1枚分)で作成してあります。

そこで、一番のおすすめは、A4サイズの透明封筒でニュースレターを送ることです。

これは、お客様にチラリとでもいいからニュースレターを見てもらうためです。

A4版の透明封筒ならば、工務店名や記事のタイトル・イラストなどがチラリと見える可能性があります。そこから、「読んでみようかな」「開けてみよう」と思ってもらえれば、大成功です。

なお、透明の封筒の場合は、通常は宛名シールを使うことになりますが、Excelで顧客や見込み客を管理し、Wordで差し込み印刷を行えば、簡単に印刷できます。

宛名シールは、作業する側にとっては便利ですが、受け取る側からすると、どうしてもDM感が出てしまいます。

そのDM感を和らげるためにも、ニュースレターの記事面は表面(透明封筒から見える側)にすることをお勧めします。

なお、ニュースレターをA4サイズ2枚、もしくはA3サイズ1枚で送る際、裏側には展示会や勉強会の案内、訪問営業・電話営業は一切しないこと、家づくりの流れなどの情報を入れると良いでしょう。ただし、くれぐれも売り込み色のないよう注意しましょう。

ニュースレターの発送先

ニュースレターの発送先は、見込み客にはもちろん、OB客にも、協力業者にも送るようにします。

これは、新築、リフォームに関係なく言えることです。

工務店の経営戦略としてももちろんですが、OB客から愛されることは、地元の工務店の大事な使命だと思います。

コメント